2016.03.08テープ起こしの基本

文章がすっきり見える段落・改行のルールと書き方

Pocket

段落と改行のルールと書き方

長くまとまりの無い文章は読みづらく、言いたいことを相手にうまく伝えることができません。文章を書く際、何気なく使用している改行や段落にも使い方のルールがあるのをご存じでしょうか。改行や段落をうまく使用することにより、読みやすい文章を書くことが可能です。そこで今回は、文章がすっきり見える段落と改行のルールと書き方についてご紹介します。

適切な箇所で改行する

「改行」は、話題を転換する際に行います。ただし、改行の多い文章はせわしない印象を与えます。そのため、適切な箇所で改行を行うことが重要です。すっきりと見やすい文章を書くためには、内容が同じ文章の区切りで、改行を行うことをおすすめします。

また、一文が長い文章は読みづらく、内容の切れ目がどこになるのか分かりません。長くても一行は60文字以内に収めましょう

1つの段落につき1つの話題

「段落」は、文章を構成するための要素です。複数の文によって構成される文章をブロック分けした区切りのことを指します。基本的に新しい話題に移る場合は、新しい段落を付けます。文章に段落を付けることによって、読みやすい文章にすることが可能です。

段落は、1つの段落につき1つの話題を取り扱いましょう。1つの段落の中に複数の話題が入っている文章はまとまりがなくなり、読み手に内容をうまく伝えることができません。ただし、短すぎる段落は文章のリズムが悪くなります。1つの段落は4行から5行以内でまとめるよう心掛けてください

また、書き始める前に文章の構成を整理することをおすすめします。初めから文章の構成を頭に入れることにより、読みやすい段落を付けることができます。

段落の最初に要約を入れる

段落の最初の部分に、その段落の要約を書くことをおすすめします。段落が要約から始まることによって、読み手は内容を予測しながら文章を読むことができます

また、段落は前後の文章とのつながりが大切なため、文章に矛盾がないように注意してください。段落の流れから文章全体で言いたいことが伝わるように段落を付ける必要があります。

おわりに

文章がすっきり見える段落と改行のルールについてご紹介しました。文章は内容も重要ですが、読みやすく見た目がきれいなことも大切です。文章を書く際は、段落や改行も意識しましょう。VoXTアプリを使用しテープ起こしを行った後は、文章がすっきり見えるか確認することを忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼文字起こしなら、VoXTにお任せください!▼

 VoXTサービスでは、音声認識を活用してご自身での文字起こし作業を支援するサービスです。リスピークが誰でも簡単に出来る「VoXT音声入力」。音声ファイルをそのまま音声認識してテキスト化する「VoXTセルフ」2つの音声認識を活用したサービスでテープ起こしを支援します。テープ起こしでお悩みの方は一度お問い合わせください。


WP_bnr_under
The following two tabs change content below.
編集部
このブログの編集部です。 音声文字起こしに関する最新情報などを発信していきます。