2015.01.07テープ起こしの基本

在宅ワークでテープ起こしを行う理由

Pocket

テープ起こしを始めるべき理由

近年自宅で仕事をするという「在宅ワーク」のスタイルが流行しています。通勤時間がゼロ、自分の都合に合わせて仕事ができるため、事情があって働きに出られない方に人気です。以前は簡素な仕事が多かった内職ですが、現在ではシステムエンジニアやデザイナーなど専門性の高い仕事をしている人もいます。

数ある在宅ワークの中でも、テープ起こしはやりやすく人気の高い仕事です。たくさんの在宅ワークがある中で、テープ起こしが多くの人に選ばれる理由を3つご紹介します。

【理由1】必要な機材や専門的なスキルがいらない

在宅で仕事をする場合、その仕事に必要な機材を自宅に備えなければなりません。専門性の高い仕事の場合は専用の機材やソフトが必要なことも多く、始めるためにはお金がかかります。

しかしテープ起こしはインターネットの環境とパソコンさえあれば仕事ができます。効率化をはかるために用意しておいた方がよいものもありますが、基本的にはこの2つだけで十分です。音声の再生に便利なフットコントローラーなどを使用している人もいますが、こちらも比較的安価で購入できます。

また技術的な面においても、ある程度のタイピング力があれば仕事を始められることも理由の1つです。日常的にパソコンを使用しており、ブラインドタッチができる程度のスキルがあれば問題ありません。聞き取り能力や国語力もある程度は必要ですが、これらはテープ起こしを行っているうちに身につきます。

【理由2】在宅での求人が多い

テープ起こしの人気が高い2つめの理由は、在宅での仕事募集が多いことです。もちろんテープ起こし専門の会社などが内勤の人を雇っていることもありますが、仕事の数は在宅の方が多いようです。また、契約社員として雇われている方の中には、作業は自宅で行う方もいます。

基本的にテープ起こしの仕事は出来高制です。自社にテープ起こしを行う人を雇う場合、人を選び入社させる手続きだけでも時間も費用もかかります。テープ起こしが日常業務としてある会社はそれもよいですが、専門業者でない限りそのようなことはほとんどありません。その結果、単発で依頼が出来る在宅ワーカーが最も適していると考えられます。

また、専門業者でも全国にライターを抱えなければならない理由があります。それは録音されている会話の訛りや方言です。優秀な人でも地方独特の訛りや方言がある場合、文章を的確に起こせないことがあります。専門業者では全国にスタッフを持つことにより、そのような事態に対応できるようにしています。そのため在宅でできる人材の募集が多くなるのです。

【理由3】ほかの在宅ワークに比べて給与が高い

先述したようにテープ起こしは出来高制です。そのため個々の作業スピードや請け負える数により給与が変わります。タグ付けなどの内職と違い単価が高いため、数をこなせるようになった場合、十分収入が安定する可能性があります

在宅で行うテープ起こしの場合、大体1分80円から100円くらいが相場です。60分のテープ起こしは4800円から6000円の収入になります。この作業に5時間かけた場合、時給は960円から1200円です。通常のアルバイトより少し高めになっています。

慣れないうちはもっと時間がかかることもあり、会社によってはここから手数料を引かれる場合もあります。しかし、テープ起こしは続けることにより作業スピードがアップします。作業スピードがアップすれば、時給もアップします。依頼がたくさん来るようになった際には、テープ起こしで安定収入を得ることも可能です。

おわりに

テープ起こしを在宅で行うべき理由は、以上のようにたくさんあります。テープ起こし専門会社に出勤し仕事をすることも可能ですが、テープ起こしを在宅で行うことにより、他の一般的な在宅ワークのメリットも享受できます。テープ起こしは在宅ワークをお考えの方におすすめの仕事です。また、VoXTサービスでも書き起こしスタッフを募集しておりますので、ご興味のある方は是非一度こちらからお問い合わせをしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼文字起こしなら、VoXTにお任せください!▼

 VoXTサービスでは、音声認識を活用してご自身での文字起こし作業を支援するサービスです。リスピークが誰でも簡単に出来る「VoXT音声入力」。音声ファイルをそのまま音声認識してテキスト化する「VoXTセルフ」2つの音声認識を活用したサービスでテープ起こしを支援します。テープ起こしでお悩みの方は一度お問い合わせください。


WP_bnr_under
The following two tabs change content below.
編集部
このブログの編集部です。 音声文字起こしに関する最新情報などを発信していきます。